USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの評価~AIが運用する最強ファンド

米国分散投資戦略ファンド:USブレイン5ってどんな投資信託なの?

ゆゆぽぽ!が注目している今回はUSブレイン5について簡単に見ていきたいと思います。

USブレイン5は去年から流行っているいろんな資産の指数にレバレッジをかけるいわるゆるレバレッジETFの仲間です

USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの投資対象は?

USブレイン5の投資対象は米国株式、米国債券、米国リート、コモディティになります。

投資対象は主にS&P500にNASDAQ100、米国10年国債、ダウ米国不動産指数、金です。

USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの運用方法は?

USブレイン5はAIを使って機動的に投資対象の比率を変更調整するアクティブファンドに近い運用方法になってます。

ちなみに運用はTWCアセット・マネジメント・カンパニー・エルエルシーという会社です。

アメリカに本社を置く約22兆円を運用しています。

コンピュータをつかったAIや機械学習による運用に強みがあるみたいですね。

USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの信託報酬は?

1.8825%程度になっています。

高いっ!

実質コストは2%超えてくるんじゃないでしょうか。

まあ成績を残してくれるならコストはどうでもいいんですけどね。

USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの成績

年初1/6~8/14

iFreeNASDAQ100    +25.67%
USA360        +22.06%
ブレイン5       +19.57%                    グロ5          +11.30%
ウルバラ        +9.62%
slimSP500       +4.13%
オルカン        +0.91%
グロ3         -3.04%

年初来の成績一覧です。

さすがにNASDQAQ100はすごいですね。

その後にいわゆるレバレッジETFが続いていますがどれもなかなかいい感じです。

大人気だったグローバル3倍3文法ファンドは国内株式、リート、新興国の割合が大きすぎてダメージが大きく大分回復しましたがまだマイナス圏です。

AIに運用を委ねるブレイン5は年初来+20%以上でS&P500と比べてみてもかなり優秀なのが見て取れます。

USブレイン5:米国分散投資戦略ファンドの感想と評価

USブレイン5は3月4月の大暴落においても素晴らしいパフォーマンスを残しています。

AIの判断で債券や金などのディフェンシブなものに一気に切り替えたのが功を奏したと自画自賛レポートが挙がっています笑

コストが高いですしもはやゼロ金利で債券が伸びる余地は少ないですが他のレバレッジファンドと違ってAIが機動的に資産分配比率を調整するところが他のレバレッジETFとの大きな違いです。

まあコストが高くてもそれに見合ったトータルリターンを叩き出してくれるならまったく気にする必要はありません。

新しいタイプの投資信託ですのでメインの投資先にしたり、大きなお金を一括というのはおすすめできませんが色物枠で少額コツコツ投資する分には面白い存在にだと思います。

大手ネット証券ではSBI証券で扱ってますのでこちらからどうぞ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です